メイクに自信がない人におすすめのファンデーション

メイクに自信がない人におすすめのファンデーションは、パウダーファンデーションです。時間が無くてもササッとつけられてメイクの知識が無くても簡単につけることができて、見た目にも違和感なく仕上がります。逆にメイクに凝っていたり自信のある人はリキッドタイプを使っている人が多いんです。乾燥肌でも保湿力があるので仕上がりがとても綺麗という理由があります。
Continue reading メイクに自信がない人におすすめのファンデーション

毛穴の汚れまで落とせるクレンジング

毛穴の汚れまで落とせるクレンジングでおすすめなのは、ストレピアです。毛穴汚れ落ち効果は抜群に高く、つけ心地もよく、とろみがあって素早く馴染みます。マスクウォッシュがついているので、クレンジングと洗顔とパック機能が1つになっています。化粧水と乳液と美容液機能が1つになったゲルローションも付属しています。
Continue reading 毛穴の汚れまで落とせるクレンジング

正しい洗顔法とは?

正しい洗顔法とは、どのようにものかというと、基本は、過度にしないことです。洗顔は多くても1日2回で十分です。たとえニキビがたくさん出来ている人でも、毛穴の開きがすごい人でも、すぐに乾燥する人でも、洗顔は、肌に余計なものだけを取り除くというのがポイントになります。適度に洗顔をして、ターンオーバーに任せてあげれば、肌は自然とキレイになっていくものなのです。
Continue reading 正しい洗顔法とは?

朝の洗顔をしないとどんなデメリットがある?

朝起きて顔を洗うということは多くの人がルーティンになっている人も多いでしょう。朝の洗顔をしないと目が覚めたような気がしないと思う人だって、きっと数多くいるのだと思われます。しかし、そんな洗顔も必ず行ったほうが良いのかどうかというとなんとも言えない部分もあります。一般的には寝ている間に皮脂が溜まっていたり汚れが付着しているので朝の洗顔はしたほうが良いと言われています。
Continue reading 朝の洗顔をしないとどんなデメリットがある?

洗顔は一日何回行うのが適切?

洗顔は一日何回行うのが適切なのかは、お肌の状態によっても異なります。健康な肌や皮脂が過剰分泌しているお肌の場合には、朝晩しっかり泡洗顔を行うのが大切です。もし、お肌の乾燥が気になるという場合には、朝はぬるま湯で軽く洗うだけにして夜にダブル洗顔をしっかり行うというのもオススメです。とても乾燥が気になるという方は、朝は化粧水で拭き取りをして余分な角質を取り除き、夜に洗顔をするという方もいます。
Continue reading 洗顔は一日何回行うのが適切?

Posted by / June 6, 2016 / Tagged with / Posted in 洗顔

メイクが濃い職業の人が行う洗顔テクニック

メイクが濃い職業というと、「舞妓さん」がいます。舞妓さんが行う洗顔テクニックは、しっかり落とすオイルクレンジングをしてしっかり保湿をするということです。クレンジングの中でもオイルタイプは最もメイクを落とす力が高いですから、舞妓さんのメイクはオイルで落としています。W洗顔は当然ですが、泡洗顔ではやり過ぎないようにするのが乾燥しないテクニックなのだそうです。
Continue reading メイクが濃い職業の人が行う洗顔テクニック

肌荒れを治す為のスキンケアと癒しのアプローチ

肌荒れを治す為のスキンケアは、必要なこと以外の行程を控え、過剰なケアにならないようにすることです。

基本は、肌に負担の少ない低刺激処方のものを使います。

最も大切なことは保湿であり、化粧水でたっぷりと肌を潤し、その後に補った水分が蒸発しないように油分を使用します。油分は肌にほとんど害のないワセリンがおすすめです。美容液は、この場合には肌にとってどうしても必要なものではないという判断で、使用は一旦ストップしましょう。このシンプルなスキンケアこそが肌の休息となり、癒しのアプローチとなります。肌自らの回復力や水分保持力を取り戻し、肌荒れを改善できる方法なのです。

肌荒れかゆみ

肌荒れを治す為のスキンケアアイテム

ニキビや肌荒れを治す為の市販アイテムは製品を腐らせないためや製品を安定させるため、必要最低限ではありますが、防腐剤などが使われているものが多いです。

それは、製品の傷みによって起こる肌トラブルを回避するのに多少仕方のないことです。

このような添加物や、基礎化粧品にしばしば使われているアルコールや合成界面活性剤、合成ポリマーなどが、肌に刺激を与えている場合があります。低刺激の基礎化粧品でも肌荒れが改善しない場合や、添加物を一切使っていないものを使いたい場合は、手作り化粧品を使用する方法もあります。

手作り化粧品にも注意点があり、保存は冷蔵庫となり、無添加ゆえ早めに使い切る必要があることです。

大人ニキビ原因